greensmoothie

グリーンスムージーで人気の商品はこれ! 美味しさ徹底比較ランキング

  • facebook
  • twitter
  • google+
  • rss

冬のグリーンスムージーで胃を冷やさない方法とは

 width=

ダイエットに美容に大活躍のグリーンスムージー
ブームになって以来、毎日の習慣にしている人も多いですね。

夏場は食欲のない朝でも喉ごしが良く朝食代わりになるので続けやすいものの、冬場は体が冷えてしまい中断する人も多いのです。

野菜の栄養をまるごと摂るには生が一番。酵素を破壊させずに摂るには熱を加えないほうがいいんです。だからといってせっかくの習慣も冬は中断なんてもったいないですよね。

そこで、グリーンスムージーを冬の寒い時期でもおいしく飲める方法をご紹介します。

  1. 白湯で胃を温めてから飲む
  2. グリーンスムージーを飲む前に白湯で胃を温めてから飲むとお腹が冷えなくて済みます。

    起きぬけに白湯を飲むことは、血行が良くなり代謝を促したり、腸内環境を整え便秘を解消したりといいことづくめなのです。とくに冬の朝は身体が冷えているので白湯で眠っていた内臓機能を活発にするという嬉しい作用も。

    胃を温めたうえでグリーンスムージーを飲むのは、冬に限らず健康的な飲み方かもしれませんね。
    また、グリーンスムージーと白湯を交互に飲む方法もおすすめです。これなら身体が冷えすぎる心配もありません。

  3. 身体を温めるショウガをプラスする
  4. 身体をあたためる食材として知られているのは唐辛子やショウガ、胡椒、ネギですが、中でもショウガはグリーンスムージーに少々プラスしてもさほど味が変わることはありません。

    ショウガは腹部の血行を良くすると言われているためグリーンスムージーにプラスするのはとても良い食材なのです。
    ホットグリーンスムージーの効果と作り方

    また風邪予防にもなるので冬にはピッタリな食材です。ショウガをプラスする際はバナナなど甘いフルーツを通常よりも多めに入れるとまろやかな味に仕上がります。

    以前「はなまるマーケットで紹介されていたショウガを使ったグリーンスムージーがとても美味しかったのでご紹介したいと思います。

    ●小松菜とリンゴのスムージー

    ≪材料 2人分≫
    小松菜 1/2束
    リンゴ 1個
    バナナ 1本
    キウィ 1個(バイタミックス以外のミキサーを使用する場合は皮は剥きます)
    ショウガ 1片
    水 200cc

    ≪作り方≫
    材料を全て入れてミキサーで撹拌するだけ。手間なしですね。

    ポイントは体を冷やす夏野菜や、夏が旬のフルーツは避けること。
    とくに寒い時期はなるべく使わないようにしましょう。

  5. 飲む時間帯を変える
  6. グリーンスムージーは朝に飲む人が多いようですが、朝じゃなきゃダメというわけでもありません。前後40分間だけ空ければ昼でも夜でも飲んでいいのです。飲む時間帯をずらすだけでも効果はあるんですよ。

グリーンスムージーが健康や美容にいいわけ

関連記事

グリーンスムージー
掲載商品一覧