greensmoothie

グリーンスムージーで人気の商品はこれ! 美味しさ徹底比較ランキング

  • facebook
  • twitter
  • google+
  • rss

【スピルリナ×グリーンスムージー】たんぱく質の含有量は大豆の2倍、牛肉の3倍以上の栄養

特定の栄養素が突出して高いスーパーフードのなかにはグリーンスムージーと相性が良いものがいくつかあります。

当サイトでもチアシードやヘンプシードの特長を取り上げました。

ここでは必須アミノ酸をバランスよく含む「スピルリナ」の特長について説明していきます。

スピルリナとは

スピルリナとは熱帯地域の湖に自生する0.3~0.5mmの「単細胞らせん状藍藻」に属する藻(も)の一種。ラテン語で「らせん」という意味をもち肉眼では見えませんが、らせん状の形をしています。
湖が蒸発しても自ら休眠状態をとって、厳しい環境を生き延びるたくましい生命力をもっています。

また、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、クロロフィル、必須脂肪酸、や抗酸化物質など人が不足しがちな栄養素をおどろくほど含んでおり、NASAも「未来の食糧」と注目しているスーパーフードなのです。

スピルリナの栄養価はたんぱく質の含有量は大豆の2倍、牛肉の3倍以上

スピルリナのたんぱく質の含有量は65~71%ととても高く、たんぱく質をつくるアミノ酸が18種類も含まれいます。なかでも、体内でつくることのできない必須アミノ酸がスピルリナには全て含まれているため、これらのアミノ酸をかんたんに補給することができます。

それだけではありませせん。たんぱく質といってもスピルリナは、アミノ酸スコア97という良質なタンパク質で、肉類よりも身体に早く吸収されるのが特長です。

ちなみにスピルリナ1gの吸収率はなんと肉類の4倍!乾燥して粉末にするため、加熱処理は不要。栄養が壊されることなく高い栄養価のまま体内に取り込むことができるのです。

スピルリナのカロリーは?

スピルリナの効果・効能

スピルリナは細胞の修復や免疫力や体力の向上、脳機能を調整、脂肪燃焼など身体をつくり健康を維持していくために必要な成分の宝庫です。

代表的な効能をあげてもこんなに多いのです。

スピルリナの効能

・細胞の修復
・免疫力の向上
・体力の向上
・脂肪燃焼
・脳機能の改善・調整
・クロロフィルの造血作用で貧血予防
・美肌・美髪効果
・薄毛予防(育毛効果)

スピルリナの取り方

スピルリナは錠剤タイプのものが多かったのですが、最近はスーパーフードブームにのっかり粉末タイプのものも多く販売されるようになりました。
粉末は溶けやすく、海草の香りはありますが味はほとんどないのでグリーンスムージーにもよく合います。
実際、アメリカではグリーンスムージーにはスピルリナを入れて飲む習慣があるそうです。

スピルリナの推奨摂取量

  • 一日の推奨摂取量は大人の場合・・・6~10g
  • 治療目的・・・11~20g

スピルリナを取り過ぎた場合、余分な量は体外に排出されるのでそこまで慎重になる必要はなさそうですね。

そしてスピルリナのカロリーは1あたり約4kcalしかありませんので、ダイエット中でも安心して摂ることができます。生スムージーに入れるも良し。粉末と一緒に混ぜるのも良しなのです。

脂肪燃焼を助けるスピルリナもまたグリーンスムージーダイエットにとっても必要不可欠の食材と言えそうですね。

2週間で-3.1キロのダイエットに成功したグリーンスムージーダイエットの体験談

本当はどうなの?グリーンスムージーでダイエットグリーンスムージーダイエットの口コミ

チアシード×グリーンスムージーでダイエットの効果が上がる理由

関連記事

グリーンスムージー
掲載商品一覧