greensmoothie

グリーンスムージーで人気の商品はこれ! 美味しさ徹底比較ランキング

  • facebook
  • twitter
  • google+
  • rss

グリーンスムージー粉末はなぜ人気なの?


ダイエットや健康促進に今やすっかり定番のスムージー。
同じく健康食品として人気の青汁と同じくらいの人気が定着したその理由知っていますか?
 
グリーンスムージーの人気商品がわかります!


 

そもそもグリーンスムージーとは?

新鮮野菜と果物を、ミキサーやブレンダーで水と混ぜ合わせて作るスムージーは、加熱に弱い酵素をはじめ、ビタミン、ミネラル、食物繊維、ファイトケミカルなどの重要な栄養素を手軽に補給できる健康ドリンクです。

もともとスムージーとは、「野菜や果物を凍らせて作ったシャーベット状のもの」を差していました。
また、水分も水だけでなく、ヨーグルトや豆乳など多種多様でした。

現在では美容と健康に効果的な作り方の探求が進んだ結果、基本的には葉野菜や果物そしてお水をミキサーやブレンダーで混ぜたものを“スムージー”といっています。

グリーンスムージーは、キャベツや白菜などの糖分を含む野菜ではなく、ほうれん草や小松菜などの青菜を使い、その色からグリーンスムージーという名前で呼ばれるようになったのです。

ちなみに同様の理由で、ベリー系などの赤い果実を使う赤いスムージーはレッドスムージーと呼ばれます。

今、若い女性に人気のレッドスムージーは「すっきりレッドスムージー

また、最近では冷えたものは胃腸に負担がかかることから、温めた材料を使う“ホットスムージー“など、スムージーは様々な形に進化を遂げています。

グリーンスムージーが人気になったわけ

グリーンスムージーが人気になった理由は一つにとどまりません。
ひとつずつ見ていきましょう。

一度にたくさんの野菜を摂取できる

成人が1日に必要とする野菜の量はおよそ350グラム。

しかし、実際に日本人が食べている野菜の量は、

  • 成人男性:約290グラム
  • 成人女性:約270グラム

と言われています。

野菜が好きな人でも、普段の食事だけで1日分の栄養がしっかり取れているのかと言われれば多分取れていないでしょう。

成人が必要とする野菜350グラムと言う量は、かなり意識をして食べても摂取するのが難しいほどの量なのです。

しかし、野菜をミキサーにかけてスムージーにしてしまえば、野菜のカサが減るので簡単に多くの量の野菜を取ることができます。

美味しい

しかし、いくら効率よく野菜を取ることができるといっても、野菜だけのスムージーでは、味に抵抗があり飲みにくいですよね。

葉野菜のジュースといえば、それまでは「青汁」が主流でしたが、身体に良いものだと解っていても「不味い」のが定説。

それに比べ、フルーツと野菜で作ったグリーンスムージーは、青汁に比べて飲みやすく美味しいのが、受け入れられた大きなポイントです。

フルーツや野菜の組み合わせによっては味を変えられることも大きなポイントでした。
いくら美味しいといっても毎日では飽きてしまいます。

その点、グリーンスムージーはバリエーションも豊富なので様々な味を楽しむことができます。

美容やダイエットに良い効果が!

野菜を美味しくたくさん取ることができるスムージーは、カロリーが低いのに、必要な栄養素を取ることができるため、ダイエットや美容に良い効果をもたらしてくれます。

また野菜と果物で作っているので野菜と果物に含まれる繊維質・ビタミンそしてミネラルが豊富に含まれています。

食物繊維は腸内環境を整え、お通じを良くしてくれ、ビタミンも美肌づくりに欠かせません。

また、それだけであれば市販の野菜ジュースでも良いように思いますが、スムージーはフレッシュな状態で作るため、野菜や果物の酵素をそのまま取ることができることができます。

ちょうど、グリーンスムージーの人気が高まってきたのは、酵素栄養学が注目を浴び始めたころです。

人間は一生に使える酵素の量が決まっているのですが、消化に負担が、通常の活動で失われる酵素を生の食品から取り入れて消化に役立てることにより、体内酵素を節約し代謝酵素の働きを高めることができるというのが酵素栄養学の考え。

スムージーは生の野菜と果物で作るので豊富な酵素が生きているんですね。

満腹感が得やすく、ダイエットに向いていた

スムージーは野菜や果物をミキサーやブレンダーにかけて作るので、野菜のかさは減りますが、材料に含まれる食物繊維はそのまま残るので、野菜ジュースなどとは違って満腹感が得やすかったのです。

そのため、朝食代わりや置き換えダイエットに使う人が多く、特にセレブや芸能人がスムージーを飲んで健康的にダイエットする体験記などをSNSやブログで発信したことから、急速に広まりました。

粉末のグリーンスムージーが台頭してきた理由

実は面倒な手作りグリーンスムージー

グリーンスムージーの流行にともない、ネットや本には様々なレシピがあふれ、手作りする人が多くなりました。

しかし、グリーンスムージーを手作りしたいと思っても闇雲に野菜と果物を混ぜれば良いと言うわけではありません。

栄養バランスや味を考えた際に美味しくなるようなレシピが開発されるまでに自分での試行錯誤がかなり必要です。

ネットや本で探してもレシピがありすぎる位でどれが本当に自分の好みなのかわかりづらいということもあります。

そして、確かに野菜や果物と水をミキサーやブレンダ―にかけるだけ…といっても、グリーンスムージーを作るためのフレッシュで安全な野菜を毎日入手することが困難であったり、毎日ブレンダーやミキサーを使い、それを洗ったりすると言う手間(正直面倒ですね)を考えると、毎日続けたくても手間がかかって難しいと言うのがグリーンスムージーの難点でした。
 


 
手作りのグリーンスムージーにおすすめのミキサー
 

レシピ通りに作るといっても、野菜や果物がその分量で販売されているわけではないので、結果的に余ってしまったり、余った野菜や果物でオリジナルレシピを開発?してみても微妙な味になってしまったり、美味しいスムージーは結局材料が高くて続けるのは経済的に厳しかったり……

「一度に大量に作って作り置きしたい」と思われるかもしれませんが、作り置きをしておいておくとせっかくの栄養や酵素が徐々に失われてしまうわけです。

そうなると何のためにグリーンスムージーの生活をしているのか分からなくなってしまいますね。

ともあれ、「たまに」作るならともかく、よほど金銭的にも時間的にも余裕のある人でないと、毎日美味しいスムージーライフを習慣化することは難しかったのです。

粉末スムージーなら毎日美味しいスムージーが手軽に

そこで、「毎日美味しいスムージーを手軽に(できれば安く)飲みたい!」というニーズにこたえて、新たな商品として台頭してきたのが粉末のグリーンスムージーです。

あらかじめおいしいレシピでグリーンスムージーを作っておき、乾燥させて粉末にしたものを水で戻すだけ。

栄養バランスも食物繊維も酵素もプロが考え抜いて作ったのが粉末のグリーンスムージーです。

一見高いと思われるかもしれませんが、粉末スムージーの原材料表記を見てください。
自分で粉末のグリーンスムージーの材料を全て揃えて調理する手間を考えると、実は割安なのがお分かりいただけるのではないでしょうか。

今では様々なメーカーがグリーンスムージーの粉末を販売しています。
それらの粉末グリーンスムージーを使ってダイエットに成功した人がどんどん増えていることを受け、グリーンスムージーの人気はとどまることを知りません。

青汁に並んで通販だけでなく、ドラッグストアの棚を占める人気栄養食品としての座をキープしています。

当サイトでご紹介しているものは酵素の数が多く、栄養バランスが良いうえにカロリーの低いものばかりを厳選してご紹介しています。

簡単手軽に必要な野菜の栄養素が取れ、さらにダイエットにも効果的。あなたも粉末のグリーンスムージー生活を今から始めてみませんか?

グリーンスムージー人気商品

関連ページ

グリーンスムージー
掲載商品一覧