greensmoothie

グリーンスムージーで人気の商品はこれ! 美味しさ徹底比較ランキング

  • facebook
  • twitter
  • google+
  • rss

生酵素抹茶スムージーのダイエット体験談

野菜や果物の植物発酵エキスを222種類含み、4つの味で飽きずに美味しく続けられると評判の、からだのレシピシリーズ“生酵素スムージー”。

楽天ランキングでも1位を何度も獲得するなど、粉末スムージーの人気商品です。

今回は、そんな生酵素スムージーから、“抹茶味”をセレクトし、実際にダイエットに挑戦したレビューをお届けします!

スムージーダイエットを始める前の状況

私は43歳、女性。仕事はデスクワークでほとんど運動することがない日常を送っています。
そして食べることが大好き。太る要因がてんこ盛りです。

毎年冬は体重増加の季節。そして年齢的にも太りやすいこともあり、ここ数年は体重が微増傾向にあります。

そんな中、年末の忘年会ラッシュを乗り越えたあたりで「パンツが……キツイ……」と、1年くらいぶりに体重計に乗ってみると(電池が切れてて入れなおす羽目に)体重計の数値がこんな感じに。
生酵素抹茶スムージー ダイエット前の体重
左が体重・右が体脂肪率

57.8kgと25.6%……!!!!
ショック……!昨年は55kgだったはずなのですが……体重計の数字が危険水域に。
この時はまだ忘年会シーズンが終わったばかり。これから
・年末年始
・生理
・新年会(という名の飲み会
を太る状況をてんこ盛りに控えた状況だったので、どうにか体重を減らす(かキープ)べく、緊急ダイエットを開始しなければと思いました。

“生酵素抹茶スムージー”を取り寄せてみました

生酵素抹茶

そこで取り寄せてみたのがこちら。“みらいのこうそ”がプロデュースする体のレシピがプロデュースする“生酵素抹茶スムージー”!
大人気の生酵素スムージーの抹茶フレーバーです。

  • 222種類の植物発酵エキス
  • 上質なプラセンタ
  • 抹茶は国産
  • 食物繊維

を含み1杯で約18.8Kcal!というスグレモノ。
楽天ランキング1位を獲得したこともある商品で、リピーターが多いというところが決め手の1つでもありました。

生酵素抹茶 原材料名

裏面には222種類の内訳がズラリ。
アレルギーのある方もチェックできますね。
生酵素抹茶スムージー 粉末

袋は大きめですが、内容量はこんな感じです。そのため、パッケージは意外にコンパクトで、これならよほどミニサイズでなければ通勤バックの中にも楽々入ります。付属のシェイカーは200mlまで目盛りがついています。

3.“生酵素抹茶スムージー”を作ってみた

季節のフルーツ&生姜の生スムージーの粉末

生酵素抹茶スムージーは、個別包装じゃないけれどスプーンも付いています。
生酵素抹茶 原材料名

作り方は袋の裏面に。
“1日あたり6~12g(付属スプーン約2~4杯分)を目安に、シェイカーに入れ約200cc位まで水などを入れてよく混ぜてお召し上がりください。”

スムージーの容量は200gなので、6gずつ飲むと30日で180gとなります。ぴったりと計量できるわけでもないので、20gはおまけみたいなものなのかな?と解釈しました。

ちなみに、1杯分18.8Kcalというのは、6g(スプーン2杯分)を水で割ったカロリー、つまりスムージー1杯分であり、スプーン1杯分のことではありません。

生酵素抹茶スムージーシェイク
スムージーを2杯+常温の水を入れてシャカシャカしてみます。
すぐ飲んでしまうと、のどごしはサラっとしており、レビューに良くあるとろみはあまり感じられませんでした。

しかし、しばらく置くととろみが出てきます。
その時に、溶けきれなかった粉?がまた沈殿したりするので、時間をかけてちびちび飲む場合にはその都度ふたをして飲む前に振った方が飲みやすいと思います。

味は、結構甘みがありますが、嫌な感じではなく、マイルドな抹茶味です。
抹茶の質もある程度高いのではないでしょうか。お茶の味の甘味は微妙なものが多いですが、こちらのスムージーは飲みやすく感じました。

生酵素抹茶スムージー豆乳でシェイク
おすすめは豆乳。
冷えた液体と混ぜると、スプーン2杯だと溶け残りが出てしまうのですが、豆乳のコクがあるのでスムージーはスプーン1杯でもいい感じになります。

豆乳のカロリーが200mlで約115Kcalなので、スムージーをスプーン1杯だと
(豆乳)115Kcal+(スムージー半分)9.4Kcal=124.4Kcal
これでも充分ダイエットになりますね。
美味しい抹茶ミルクとして飲めますよ。

いずれにしても、甘みがあって美味しいので、食事の置き換えだけでなくおやつ代わりとしても飲めるスムージーです。

4.“生酵素抹茶スムージー”でのダイエット~こんな方法でやってみました~

生酵素抹茶スムージー豆乳でシェイク

今回は、はじめから
・シーズン的に食生活が不規則+多くなるとわかっていた
・生理前
ということもあり、
“必ず夕食を置き換える!”といったようなダイエットでは無理だろうということは経験でわかっていました。

そこで、

  • 1日のうち朝・昼・夜のどこかをスムージーに置き換える
  • スムージーは1杯に限定せず何杯でも飲んで良い
  • 生理前1週間は豆乳スムージーにする(生理前の豆乳ダイエットを意識)

という3点に気を付けて進めることにしました。

”スムージーは1杯に限定せず何杯でも飲んで良い”
というのは、同じ味なら何杯でもといってもそう何杯も飲めないだろうし(実際飲めなかった)、変に我慢するよりは良いだろうと思ったのと、仮に3杯飲んでも水で割った場合は100Kcal超えないのでそこまではダイエットに影響しないだろうと思ったからです。

“生酵素抹茶スムージー”年末年始ダイエット経緯

それでは実際にどのように体重が減っていったのかを見てみます。
正直、最初はあまりにも体重が減らなくてやめようかと思ったりしました……(まあ、食べていたせいもあるので、太らなかっただけ御の字だったのですが)
体重と体脂肪(左が体重・右が体脂肪)体重56.7kg、体脂肪24.3%

しかし、ゆるゆるダイエットなだけあって、体重は微減を続けます。というのも、置き換えはしていますが、どう考えても普段より他の食事が多いからです。
しかし、イライラしつつも太るはずの生理前を-1kgで(普段は+1kg~)で迎えることに成功しました。体脂肪も1.3%減です!
生酵素抹茶スムージー ダイエット前の体重
(左が体重・右が体脂肪)体重56.1kg、体脂肪23.8%
そして、生理終了。スムージーも在庫終了しました。
結果的には年末年始と生理、新年会などをこなしつつも-1.7kg、体脂肪は1.8%減でした。
正直なところ、もっと減ってほしかったのですが、夕食(飲み)が頻繁に入ってしまったこと、年末年始であまり動かなかったことなど考えたら、上出来ではないでしょうか。

経緯を表とグラフにしてみました。

体重(kg) 体脂肪率(%) 置き換え 備考
2017/12/27 1日目 57.8 25.1
2017/12/28 2日目 57.9 25.2
2017/12/29 3日目 57.6 25.0
2017/12/30 4日目 57.5 25.8
2017/12/31 5日目 57.6 25.4
2018/1/1 6日目 57.5 25.2
2018/1/2 7日目 57.5 25.1
2018/1/3 8日目 57.4 24.9
2018/1/4 9日目 57.2 24.7
2018/1/5 10日目 57.2 24.5
2018/1/6 11日目 57.1 24.9
2018/1/7 12日目 57.0 24.1
2018/1/8 13日目 56.8 24.4
2018/1/9 14日目 56.7 24.3 生理開始
2018/1/10 15日目 56.8 24.5
2018/1/11 16日目 56.5 24.4
2018/1/12 17日目 56.5 24.0
2018/1/13 18日目 56.2 24.0
2018/1/14 19日目 56.3 24.1
2018/1/15 20日目 56.4 24.0
2018/1/16 21日目 56.1 23.8 生理終了
結果 -1.7 -1.3

 

体重の変化のグラフ

緩やかではありますが右肩下がりで減ってきています。
年齢的に代謝が下がっている中で、スムージーだけでこの落ち方は大健闘かなと。
消費カロリーにも気を配り、運動などを加えていたら、もう少し落ちやすかったかもしれませんね。

スムージーダイエット 振り返り

今回スムージーダイエットをして感じたのは、年齢を経ると、スムージー「だけ」で急激にダイエットは難しいということでしょうか。年齢関係なく、代謝の高い方はもっと早く効果が出たと思います。しかしジリジリと減っていく様子を記録したことで、何とかモチベーションを崩さずに、最終的に1.7kgを無理なく減らすことができたのは良かったです。

“生酵素抹茶スムージー”はとても飲みやすく、それなりに甘みがあるので、どうしても何か食べたい!という時に飲んで気持ちを落ち着かせるという方法もとっていました。

また、スムージーダイエットの置き換えは、食べてしまう時期の体重キープにも役立つということがわかりましたので、、日常使いしていくこともありだと確信しました。表にはありませんが、食べグセ、というか、つい食べてしまいたい時にスムージーを作り、甘みがあって飲み応えがあるスムージーだからできたことだと思います。

しかしまだ目標体重までは差がありますし、暴飲暴食しがちな期間も終わったので、これから本腰入れてスムージーダイエットを続けたいと思います!

グリーンスムージー
掲載商品一覧