greensmoothie

グリーンスムージーで人気の商品はこれ! 美味しさ徹底比較ランキング

  • facebook
  • twitter
  • google+
  • rss
select your smoothie

グリーンスムージー粉末の口コミ情報を満載!

海外セレブやモデルの間で美肌作りやダイエット法として注目を浴び、数年前から大ブームとなっているグリーンスムージー。

レシピ本も多数出版され、美意識の高い女性たちからも「朝食はグリーンスムージー」と、毎日の習慣として熱い支持を得ています。

また、いつでも手軽に摂れるグリーンスムージーとして粉末タイプの人気も定着してきました。

「粉末を飲んでみたいけど、どれがいいのか迷ってしまう」そんな人に売れ筋のグリーンスムージーの特長を、レビューを交えてご紹介します。

当サイトでおすすめするのは、キレイに直結した栄養満点のグリーンスムージーだけ!

あなたにぴったりのグリーンスムージーで健康的なダイエットを始めましょう!

なぜグリーンスムージーは
粉末タイプがおすすめなのか?

1

ビタミンや抗酸化物質などをダイレクトに摂取できる手作りグリーンスムージー。
フレッシュな野菜やフルーツからビタミンや酵素がたっぷり摂れます。
でも材料を毎日準備するのは結構手間がかかります。材料費もバカになりませんよね。

一方、水や牛乳に溶かして飲む粉末タイプのグリーンスムージー。こちらも人気があります。
熱で破壊されやすいビタミンや酵素を粉末にしてしまったら、栄養がなくなってしまうんじゃないか?
そんな心配が頭をよぎるかもしれません。

実は粉末にする過程で、極力栄養を損なわないような加工が施されています。

加工方法はメーカーによってちがいますが、粉末タイプのグリーンスムージーでも便秘の解消、美容、ダイエット効果など、さまざまな悩みが解消したといった口コミが多いのも事実。

手作りとはちがって、作る時間も手間もかかならないので、無理なく続けやすいのです。
そして、粉末はなんといっても経済的!なのです。

で、どのくらい経済的なの?
そんな声も聞こえてきそうなので、実際に例をあげてご紹介していきたいと思います。

基本的なグリーンスムージーの材料

  • バナナ

    1本

  • りんご

    1/2個

  • キーウィ

    1個

  • 小松菜

    1株

  • 100CC

主婦の方ならこの材料でだいたいどのくらいかかるか見当がつくと思います。
手作りのグリーンスムージーの1杯分はおよそ300円くらいかかります。

これを毎日1杯ずつ一ヶ月続けたとすると材料費は・・・

300円×31日=9,300円

なんと一人分だけで9,300円もかかってしまうことに。

まだミキサー(ブレンダー)を持っていなければそれも買わなくてはなりません。
値段もピンキリですがスムージーに適したものは最低でも15,000円はします。
継続できるかどうかわからないものに、最初から手間や費用はかけられませんよね。

その点、粉末タイプなら

  • 1杯80円~と低料金
  • いちいち材料を買ってこなくて済む
  • 水を足して混ぜるだけだから手間いらず
  • ミキサー不要(シェイカー付もあり)
  • 携帯することもできる

など、いいことづくめです。
さらに、先ほどの材料を例にとって、気になるカロリーについてもみていきましょう。

基本的なグリーンスムージー
の材料のカロリー

バナナ 1本(120g) 100cal
りんご 1/2個(230g) 124cal
キーウィ 1個(78g) 41cal
小松菜 1株(255g) 36cal
100 CC 0cal

一杯あたりのカロリー

およそ 300kcal

生野菜から摂ろうとすると・・・合計301calにもなってしまいます。
フルーツなどを多めに入れると甘みが増し飲みやすくなりますが、その分糖分を多く摂ることになるのでダイエットを目的にしている人には不向きかもしれません。

それなら粉末タイプで摂る方が安心ですね。

また粉末タイプは全体的に低カロリー。1杯17calを切るものもあります。
上記からもわかるように生野菜から摂る場合に比べ、なんと1/10以下のカロリーに抑えられるのです。

加えて、粉末タイプは配合されている野菜の種類が多く、生野菜から摂る場合とは比較になりません。
実は野菜の種類が多いほど、消化を助け代謝を上げる酵素の種類も多く摂り入れることができるのです。
自分で作る場合はせいぜい2~3種類ではないでしょうか。

このようにグリーンスムージーは粉末ならではのメリットがとても多いのです。

人気グリーンスムージーの比較一覧

母なるスムージー ネイチャーリズム マジカルスムージー ミネラル酵素グリーンスムージー グリーンベリースムージー
商品画像
販売元 タマチャンショップ Rarahira ビューティーマニア ナチュラルヘルシースタンダード IDEA(イデア)
価格(税込) 2,770円 4,954円 4,700円 2,138円 2,700円
内容量 150g 200g 150g 160g 300g
一杯あたりのコスト 185円 153円 157円 82円 194円
カロリー 117kcal 19kcal 16.4kcal 16~21kcal 78kcal
原材料の種類 記載なし 500種類以上 112種類 202種類 160種類
特長 無添加・砂糖不使用 チアシード・バジルシード入り コラーゲン・プラセンタ入り 4種類の食物繊維配合・人工甘味料不使用 赤いコラーゲンパウダープレゼント
味の種類 1種類 7種類 1種類 4種類 5種類
美味しさ
腹持ちの良さ 良い 良い まあまあ まあまあ まあまあ
総合評価
レビュー レビューを読む レビューを読む レビューを読む レビューを読む レビューを読む
公式サイト 公式 公式 公式 公式 公式

よく読まれている記事

我が家の朝食の定番はグリーンスムージーです。 (28歳 主婦)

我が家ではあまり野菜を食べない3歳の娘のために毎朝グリーンスムージーを作っています。
それでもたくさんの量は飲んでくれませんが、「ジュース~。」と言って、小さいコップ一杯弱くらいは飲んでくれるので作っている意味はあるかなという感じです。

我が家の定番材料は、バナナ、リンゴ、ニンジン(本当は入れないらしいのですが、野菜をとるために入れちゃってます)、ホウレンソウです。
割合的には、果物7:野菜3くらいでしょうか?適当に作っているので、日によって味に違いがあります。
ホウレンソウの代わりに小松菜を入れることもありますが、なんとなく青臭さが強くなる気がして、私はホウレンソウの方が好きですね。
ちなみに娘はその差には気づいていないようです。
お水の量も適当です。少なめに入れてみて足りないようなら、足すという感じでしょうか?サラサラ水っぽいよりは「少し噛みながら飲む」くらいのとろとろの方がお腹に貯まるようです。夏の暑い時期には、氷を足すこともあります。

朝は何も食べたくないなーという人にも、「飲むだけ栄養ドリング」グリーンスムージーはオススメです。

お腹ふくれるグリーンスムージー (25歳 看護師)

私は毎朝グリーンスムージーを飲んでいます。朝の忙しいときに手軽につくることができる点と、そしてグリーンスムージーだけでもお腹がふくれるので重宝しているのです。また、朝がもっともしっかりと野菜をとることができるときですので、だからこそグリーンスムージーを飲んでいるのです。
私の仕事は不規則ですので、昼食と夕食は主に外食になってしまいます。もしくはコンビニ弁当ですので、どうしても野菜不足になりがちです。
かといってカロリーメイト的な食事では味気なさ過ぎるので、やっぱりごはんのある食事をしっかりと摂りたいのです。
けれども、野菜に関してはやっぱり物足りないものになってしまいます。

そこで、一日のうち唯一とも言えるほどに、自宅で食事をとることができる「朝」にグリーンスムージーで野菜を摂ることにしているのです。
ものすごく時間があるときは、冷凍した野菜と豆乳とヨーグルトを合わせた手作りグリーンスムージーも作るのですが、今はもっぱら粉末を利用しています。

よく飲むグリーンスムージー (22歳 営業職)

グリーンスムージーで美肌になる、やせる、デトックスできると話題を呼んでいます。私もきれいになりたいと思ってグリーンスムージーを飲んでいます。グリーンスムージーは胃が空っぽのときに飲むのがよいので、いつも朝に飲んでいます。他のものと一緒に飲んではいけないので、朝食はグリーンスムージーのみです。朝はお腹が空きにくいので、これだけでお昼まで持ちます。

よく飲むのは、りんご、バナナ、小松菜のスムージーです。りんごとバナナは一年中安く手に入りやすい果物です。甘くてどんな野菜とも合いやすい。
バナナは皮に茶色いポツポツが出てきた方が甘いので、熟したものを使用しています。甘味が出て飲みやすくおいしいグリーンスムージーになります。
小松菜も一年中手に入ります。夏の小松菜は辛いことがあるので、辛い場合は茎を取り除いて使います。クセがないから飲みやすいです。

グリーンスムージーを続けていたら、いつの間にか体が軽くなった気がしました。美容効果にも期待したいです。

グリーンスムージー
掲載商品一覧